過去の印刷物が再活用できます

今回は実例を交えながら高品質な複写印刷を紹介します。

ご依頼の内容は過去に作成した会社案内に文字、写真の差し替えなど

数カ所の修正を加え、少部数作成して欲しいとのことで

原稿はレイアウトデータ、印刷の原本はなく、コピーしたもののみでした。

コピーをもとにレイアウトデータを起こし、プリントするのが一番綺麗に仕上げられるのですが、

レイアウト作業費と部数とのバランスが合わないということで、

今回は複写プリントする方法で仕上げさせていただきました。

 

 

右がコピー原稿、左がこちらで仕上げさせていただいたもの。

タイトルでは「高品質コピー」と表現しましたが実際にはスキャニング、画像レタッチを行いプリントします。

印刷原本が無く、本来の色を再現することは不可能ですが、

コピーのかすれを目立たなくするため色を重ね、裏写りのレタッチなど行い厚手のコート紙でプリント、

コピー原稿が、会社案内らしい仕上がりになりました。

住所変更、日時の変更など多少の文字直しも対応可能です。

 

写真があまりよくないですが、左がコピー原稿、右がレタッチ印刷。

左はコピーによる色あせ、かすれなど出ています。

右側は補正を行うことで、それらを軽減できています。

 

左がコピー、右がレタッチ印刷。

色もしっかりのって、文字もはっきりと読みやすくなっています。

版下データから直接印刷したものには、さすがに劣りますが、

コピー原稿をさらに複写したとはわからないレベルまで仕上げることができました。

 

新規に企画、制作、印刷となると大プロジェクトになってしまいますが

このような方法で過去の印刷物を再活用することで手軽に作成、コストも抑えらます。

ご検討されてみてはいかがでしょうか。

ご相談、承っております。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください