今日は久々にデザイン的なお話。

以前からチラホラお問合せのある手書き風のチラシ。
過去にも手書き筆文字フォントを使用した居酒屋アイテムのご紹介をしましたが
最近はかなり完成度の高い手書き風のフォントや
ユニークな和文フォントが出ており、大変制作しやすくなりました。

20140723_2

通常のフォントを使ってレイアウトすると
どうしても無機質な感じになってしまいがちです。
それが企業広告等には向いているとおもいますが
フォントとあわせてレイアウトにも完成度が求められます。
中途半端なレイアウトでは訴求力が弱く
その他の広告物に埋もれてしまう可能性も大です。

上の画像は手書きフォントを使用した
当店のフライヤーです。

モノクロ1色、デザイン的に凝った事はなし
レイアウトバランスもアバウトな感じですが
全体の雰囲気は悪くないと思います。
それは、手書き風の良い意味での‘ユルさ’が効いているからだと思います。

20140723

さらに、これを「わら半紙」に印刷して風合いを出し
上記のように折ることによって、他の広告物と差別化をして訴求力を高めています。

わら半紙は安く、モノクロ印刷との相性も良い。
結果コストを下げる事ができて一石二鳥です。

業種も限られてくると思いますが、
このようなアプローチも‘アリ’ではないでしょうか。

広告・印刷のご相談受付中です!